働く受験生ママ3足のわらじを履く~はじめの第一歩♪

スポンサーリンク

 昔から、給料以外の収入というものに、興味がありました。NISAもIDECOも出だしから、すぐに契約・申請しましたし、投資信託や株なんかも、ちょこちょこやってました。
 とはいえ、慎重な性格ゆえ、胡散臭そうなビットコインは手を出さず、また損害が大きそうと思ったFXや、信用取引なんかもやらずにいました。

 私がしてきた、これらは所詮、他力本願の運用ですよね。なので、とりあえず自分でお金を生み出してみたいと思いました。
 そこで、やってみたのが、商売の基本、中学受験にもある損益算。
 安く仕入れて利益を上乗せして売るというものをやってみようかと思ったのです。単純思考ですが。

いわゆる「せどり」ってやつ。

「せどり」・・・転売目的で抜いて買うこと

今時アプリで儲けがでるかどうかも判定してくれたりするんですよ。バーコードを読み取ってね。これなら、買いとかゆうてくれるんですわ。店でバーコードしなくてもね、ヤフオクで安くかったのをAmazonで売るとかもできるんです。

勉強がてら、中国のサイトで安く買ったのを、Amazonで売るということもしたりなんかしたけど・・・。

薄利多売という構造が、全くもって3足のわらじ向きではなかった。。。。

スポンサーリンク

①どの商品が売れるだろうかというのを必死でリサーチ

②収益計算(Amazonの手数料などを考えて何個売ればいいかなどソロバンはじきます。)

③仕入れ

④Amazon配送だったり、自主発送だったり。(わがで設定しているものの、ややこしい。)

手間ひまかかり過ぎて、家でも仕事状態で麻痺。

ということで、この「せどり」デビューは半年ほどで頓挫したのでありました。

収支はどうだったかというと、せどりするにあたって、勉強した書籍代やらセミナー費用もあるし、売り上げとでみると、マイナスではないけど、全然足しになっていないという状態。

ただ、会社以外からお金を生み出すことができたという自信につながり、大きな一歩にもなりました。

他、「Amazonから発送できるなんて~~!!」っていうレベルの自己満足もあり、非常に勉強になりました。

世の中の古本転売やさん。あれこそ薄利多売のさいたるものですね。やってみると、書籍1円なのに、、郵送料高し!というのも、そりゃAmazonさんに取られるからしゃ~なしだよねって思えただけでも勉強になりました。

そして、この「せどり」トライアル中に、さらに手を出してみたのが、「不動産投資」というやつです。

つづく・・・

もっとも簡単なのは、

↓参考になりましたら、ポチっと応援お願いします.

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする