浜学園Sクラスに上がってからの演習教材

スポンサーリンク

浜学園でSクラスに上がってからは、算数で演習教材が増えます。

Hだった頃は、一般教材のみだったので、急に負担増です。Sに上がった当初は、難易度の高い演習教材の追加に、時間がかかって苦戦しておりましたが、夏を過ぎて力がついたのか、演習教材も早く解けるようになり、日曜特訓の宿題があってちょうどいいくらいになってきました。

私には、答えを見てもわからないところを聞いてくる程度で、自学がずいぶんできるようになりました。

今日、久々に一般教材を「ママ、競争しよう。」と言われたので、競争したら、完全に負けました‥‥。解く時間が早い!!!

夏前にベネッセの問題で苦戦していたニュートン算。私が教えた記憶がかすかにあるのですが、私が、う~~んと時間かかりつつ解いてたら、あっという間に解いておりました。

「夏前より賢くなったやん!!曖昧な感じやったのに。」

と言ったら、「塾でやったしね。」ですと。力強いです。一般教材レベルだとスラスラと解けるようになりました。塾って偉大だわ。

理科もベネッセ解かせてみたら、25分の問題も、15分で解きましたが、2割は間違いますな・・・。(基本問題なのに。)精度をあげるという課題がまだありますが(^-^;スピードだけはアップしましたなぁ。

演習教材は、スラスラとはいかないのですが、分からない問題は、私が(笑)塾技算数で理解してから、息子に基本問題とチャレンジ問題を解かせたら、だいたい演習教材の例題と類似しているので、わかりやすいようです。名前どおり塾の技ってことで押さえどころは、一致してるのね。

浜の解答は初見の私には不親切だったりするので、(^-^;塾技で理解してます。浜のWEB講座っていう手もあるのかもしれませんが。利用したことないのでよくわかりません。

6年になってようやく塾技を親子で使いこなせてきました。

スポンサーリンク

塾技が、浜の問題ともだいたいリンクしているのが最近わかってきたので、やっぱり入試問題ってだいたいパターンなんだね・・、と思うと、5年生くらいから演習を続けてきた子は強いのだろうな~~と思います。

今から限られた時間で足りない演習をやるしかないですね。

ああ、次の公開が怖いナ・・。月が進むごとに結果を突き付けられる公開がコワイです。。

↓参考になりましたら、ポチっと応援お願いします.

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ウッテイ より:

    うちはWEBの全問解説にお任せです。便利ですよ。
    以前は有料だったらしいですけど、今は無料ですしね。
    5年生はHクラスでも演習教材使うんですよね。
    それが6年生からはHクラスはテーマ教材のみになっちゃう。
    それだけ6年生の演習教材は問題の難易度が高くなるのかも?
    B問題を完璧にこなせれば、難関校レベルは合格すると言われてますから。

    イベントは参加しなくても支障ないと思います。
    この間の女子難関コース対象のイベントも80人弱しか受けてませんでしたよ。
    いくつかのイベントに分かれていたとはいえ、少ないな〜と感じました。
    最難関のイベントは参加者もそれなりにいるようですけど。
    皆、シビアに取捨選択しているようです。
    参加するとモチベーションアップには役立ちますけどね。

    • ママラッチ より:

      ウッティさん、いつもコメントありがとうございます。
      いつもアドバイス参考にさせていただいてます

      そうなんですねー。6年からそんな差別化が起こるんですねー。
      B問題をキッチリやりなさいってゆうてましたわ。これが完璧なら公開も偏差値60は取れるはずです。ここが解けたら大抵の学校は受かるんですってゆってました。

      何でも完璧は難しいですね。
      C問題は手を出したことはないのですが(笑)Bを確実にするのも難しいです。

      映像!有料だったんですか??
      実は、タイムリーにも今週からウェブ使ってます!!
      勝手にやってくれるので楽ですが、いつもより時間もかかるような?
      分からん問題だけ見るようにして〜ゆうときましたが、、確認はしてません。。(^^;;