夏休みの宿題 絵のコツ 3つの道具 受験生簡単手抜き編

スポンサーリンク

大物の絵の作成.残っております・・・.受験生じゃななくても、後手後手になりちょうどお盆を過ぎたあたりから毎年焦って仕上げている我が家ですが、我が家の絵の救世主の道具が3つあります.

1つは、激落ちくん😁

絵の具ってにじむじゃないですか〜.んでもって、水彩画って絶対、濃い色を塗ってしまったら、薄い色にできないんですよ.はい.でもね.色を塗って、あ、濃い・・・(-_-;)って思ったその時に、激落ちくんでポンポンと叩いたら、すぐ薄くなるんですよ〜〜.これ絶対手元に置いてください.ティッシュはだめよ.あの繊維がモロモロしてうっとおしいからね!!ティッシュは水に弱いんですからね!!

2つめは、アクリル絵の具

これは、あれば嬉しい道具です.我が家はこのセットを持っています.まず色がにじまない.重ね塗りが綺麗にできる!ゆえ、ストレスがないです.3年生から使っています.値段もまぁそれなりですが、中学になっても続くであろうこの絵の宿題を思うと、買ってよかったです.セットで揃えるのに抵抗がある方は、最低白は持っておくと便利です.というのも、水性絵の具で失敗した!はみ出した!!っていうのを、この白で消せますから.はい.修正ペンのような役目です.

3つめは、水溶性カラークレヨン

これ、忘れもしない私が30歳のときの誕生日にお友達がスケッチブックとトップスのケーキと共にくれたもの(笑)チョコレートケーキは好物だから分かるけど、絵が趣味でもない私になぜクレヨンくれたのか未だにナゾ.

スポンサーリンク

この水溶性のクレヨン、まぁクレヨンなんですが、これで下書きをして、水で濡らした筆でなぞるといい感じでにじんでいい色になるんですわ.濃淡が自然について、プロっぽくなるんですよ〜〜.子供って、絵の具で書かせるとすぐ境界線がわからなくて、きったない色なるんですよね・・・.でもこのクレヨンで色塗らせたら、色が混じらず、自然な影ができるんです.枠線を黒で書くときありますよね.これをこのカラークレヨンで枠線かくと結構ステキです.

私が持ってるのはコレっ!って、今アマゾン見たら、こんなに高いちゃんとした画材だったのーー?!すんません。今知りましたわ(^^;;大事に持ってて良かったー💗えっ?調子いい?
どおりで、発色もよくえー仕上がりになる訳だわ。

てなわけで、このクレヨンちゃん、私が利用することなく(^_^;)引き出しに眠っておりましたが、我が子が利用することになり、第2の人生を有意義に過ごしております.
友よ。ありがとう〜っ。

色を塗るこつは、広い面から、薄い色からが鉄則です.ついついメインの題材を塗りたくなりますが、そうしないと、色がまじってえらい目にあうので、お気をつけください.

で、で、我が家はだいたい絵の宿題、下書きは家で書き、色塗りは旅先です.

キャンプ場だったり、旅館だったり、コテージだったり.

キャンプ場では、のんびりたっぷり時間がありますし、掃除するのも楽.

旅館やコテージも、家事から解放されていて、自分に余裕があるので、見てあげれるんですよ〜.こちらもついつい一緒に絵を書きたくなります.あ、パレットは洗うの面倒ですから、プラゴミのトレー再利用で十分ですよ.100キンでも、使い捨てパレット売ってます.

楽しく夏休みの宿題したいですね.

↓参考になりましたら、ポチっと応援お願いします.

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする