中学受験、親がしてあげられる3つのこと。

スポンサーリンク

きどった題名にして、ごめんなさい。ちょっとこういうの書きたかったの。ウフ

そりゃ一番は「愛情」っしょ~~。

親は、寄り添い、叱咤激励。

その一言につきると。適度なプレッシャーと、癒し。ストレスを感じさせないような環境づくりですね。

うちは、息子と録画したお笑い番組を日曜に寝転びながら、ダラダラ一時間ほど一緒にみて笑うことにしてます。

結構リセットされます。

次に、勉強道具の管理。

シャーペン、シャーペンの芯、消しゴム・・文房具っていいのを揃えてあげたくなります。

シャーペンは、我が家は0.7を使用!!0.9はちょっと太すぎて手が黒くなるし、一般的な0.5は細い。なので、基本は0.7にしています。

芯はBです。HBにすると、子供は筆圧が強いので折れやすいです。0.5のシャーペンのときでもBは必須です。

消しゴム。これ、100均はだめよ~。ほんと。MONOとか、メーカーものにしましょう。消せなくて真っ黒って最悪ですから。

普通の消しゴム以外に、これも息子に使わせてます。というのも、国語の記述問題で消して書きなおしした際、必要なとこまで消してしまっていることないですか??なので、このホルダー消しゴムで、必要部分だけ消させるようにしてます。

これ使っている人少ないけれど、便利だと思う。息子はもともと絵をしていたので、スケッチするときにこれを使用していたんですよ。だから、そのまま細かいのを消すときに使用してます。受験生も必要ですよ。

あとは、五色のフリクションペン。これは塾での授業用に欲しいと本人から言われて購入。もちろん、ピンクは必須。赤い下敷きで消して覚えるために絶対必要です。赤色を買うと、どうしても、下敷きから見えたりしちゃうので。

あと、これいるのか、いらないのか、本人が自分のお小遣いから購入した採点ペン。
先生がもってるから、自分もほしいと。私も小学校の時欲しかったから、わかるわ~~!!
浜学園は復習テストを相互採点するので、そのときに使いたいらしい。ま、塾を機嫌よく行くためにはいいかも。

スポンサーリンク

勉強の進捗管理。

「どこが苦手なのか。」「答えを写しているとこはないか。」の探りは親の努めかと思います。

答えを写していたら、

・難易度が高い

・量が多い。

のどちらかなので、易しいものにするか、量を減らすかして調整をしてあげます。

私、今まで「なんてやる気のない!!!」って怒ってたんですが、まちがってました。

私の与え方が悪かったんです! 自分の解ける問題・解ける量にしたら、子供は答えを写しません!!!!私が悪かったです。はい。

この3つを主軸に、あとは

「ごはん!」そう塾弁ですね・・・。

メンタルサポートの次は、健康に通じる「食」でしょうか。

でも、食はあくまで補助的な気がします。私の職場の上司ママンは、一切塾弁つくらず、すべて買ってもらってた~と言うので、愛情フォローさえあれば、それもアリかもしれません。

塾 が購入してくれる仕出し弁もメニューが限られてるので、後半は本人購入だったらしいですが、本人は、「パンは飽きたっ」て言われたらしいです。じゃあ、パ ンじゃなくて他のもの買ったら?なんですが、大人とちがって、美味しいものを買う術が未熟なので、つい買いやすいパンやコンビニおにぎりとか子供は買うよ うです。

なので、せめて晩御飯くらいは美味しいものをと思うのが、親心ですよね。塾の楽しみが必要かと思います。

でも、その塾弁フォローナシだった息子さん・・最難関合格されてましたんで、買い弁派も心配ないかと思います。(なんて、手のかからない息子さんなの~~~~。うらやましい。)

残るは、大量のプリント、テキストの整理ですよね。。。

私、これが一番苦手です・・・。プリント類は、エバーノートのアプリで管理してますが、フォルダー分けしないと分けがわからなくなりました・・・。エバーノート便利ですのでぜひご検討くださいね。

(関連記事)

子どもはウソをつく生き物

一人で勉強できるか?

↓参考になりましたら、ポチっと応援お願いします.

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする