悩ましい、娘の塾選び。

スポンサーリンク

息子は、お弁当ナシの理由から、浜学園にすることにしましたが、
同様に娘は浜学園にするかといえば、…うーん。。別途検討しています。

というのも、浜学園のメリットはお弁当や拘束時間の少なさにあるのですが、それは娘にとって果たしていいのやら。

息子が浜学園に入った当初は、週一だけで済む土曜日スクール(土曜日だけで一般コース同様の授業が受けられるもの)を娘に行かせようかなと考えておりました。
しかし、このコースでは、復習テストの結果発表の時間はなく、テストは先生が採点し翌週に返されます。
息子を見るにつけ、この順位発表が日々の勉強のモチベーション持続に繋がってると断言できます。娘もまたマイペースなおっとりタイプではなく、負けず嫌いなタイプなので、一般コース向きだと思いました。

浜学園は、講師と受け付けなどで、フレンドリーに会話する雰囲気はあまりありません。。自習時間もないので、授業以外の無駄な滞在時間がなしとゆうのもあるかもしれません。定期的に懇談もないのでこちらからアクションを起こさないと、接触がほとんどナシです。

スポンサーリンク

六年生から担任制が始まりますが、担任に決まりましたという挨拶の電話が1本あったキリで、それ以降全く担任とは会話しておりません。。会ったこともなし。どんな人かわからないなん、寂しいような、 まぁ特段支障もないような。親の相談はいいので、子供に個別に叱咤激励、声かけしてほしいなーって要望はあるんですがね、、

日能研出身の友達は、卒業後も塾に遊びに行ったり、受付でも雑談して、和気あいあいですね。それにどこの塾も定期的に懇談があるようです。
数回しか模試を受けてないのに、電話し苗字を名乗ったら、『あー、〇〇くん。お元気ですか??』と息子の下の名前をきっちり即答しはったのは、驚きでした。浜学園はうちの子知らなかったりして💦💦

娘には、こういったアットホームな楽しい雰囲気の中じゃないと嫌がるような気もするし、、
でも、浜のメリットも捨てがたいし。
低学年の間に短期講習など色々体験させて本人にあったところを探したいなと思っています。
合わなければ、次の学年で転塾もありかなとも思っています。

ま、息子とちがって、女子なのでコツコツ積み上げておきたいので、6年入塾の選択 はないですね(笑)家庭学習で受験も、私にその根気が残っていないわ・・・。許せ、下の子。。

↓参考になりましたら、ポチっと応援お願いします.

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする