計算外の志望校判別テスト

スポンサーリンク

毎月の公開テストは想定してましたが、偶数月に行われる志望校判別テストたるものの存在を入塾してから知りました。
リサーチ不足ですね、、(。-_-。)
こちら、お弁当持参の長時間にわたる模試です。算数と国語はNo.1、2と二回に分けてテストがあるようです。長丁場です。

野球のお休みを頂き、受けさせました。
テストの感想は、難しかったようです(-。-; 2回目の方がとても難しいようで、全然できなかったーと帰ってきました。

テストの結果は、偏差値的には50。公開とかわらずで。
志望校は、難関レベル。A判定を頂きました〜✨✨
欲をかいた、西大和、星光レベルの最難関は、D判定。

うーん。やはり遠いようですな。
でも、まぁこの時期で志望校にAが出たのは、正直心強いです。今の成績では、上の学校を目指す気はないので、たとえA判定でも気を抜かずこの調子で頑張ってほしいです。

スポンサーリンク

息子の弱点。算数。こちらは、Z会すらやってなかったので、不得意極まりないです。テストの直しを一緒にしましたが、息子のレベルよりずいぶん難しい。
こんなテスト、難関レベルに必要なのかなと思ってしまいます。丸一日取られてまでいるのかしら。
お直しも途中で不必要と判断しました。やめやめ。というのも、息子のレベル以上のものをさせても、勉強離れを起こすのが経験上わかっていたからです。まずは、日々の復習テストの直しをキッチリする。進研ゼミを何度も解くという方針です。

好都合なことに、本人も進研ゼミを気に入って解いてくれているのでこのペースで見守ろうと思っています。

夏休み、復習もバッチリにして、解いたことのない単元はまずはなくしたいというのが目標ですが、、野球の合宿もあり~のなので、スケジュール管理に頭を抱えております。

両立って結果がともなったらいいですが、結局現状はどっちつかずですからね・・・。

↓参考になりましたら、ポチっと応援お願いします.

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする